新技術紹介

補修補強技術 … RCユニット(RC-U)耐震補強工法

東日本旅客鉄道株式会社
東鉄工業株式会社

技術の概要

本工法は、工場でユニット化された補強鉄筋と型枠(RCユニット)を、既設橋脚の気中部で組立てた後、水中部に沈設させ、RCユニットの内部にコンクリート等を充填し既設橋脚と一体化することで、既設橋脚のせん断耐力および変形性能を向上させる工法です。
河川内にある橋脚では、一般に大規模な仮締切り工を設置して補強を行っていますが,本工法は,大規模な仮締切り工を省略することができるので、工事期間の短縮と補強工事費の低減が図れます。
また、陸上部の橋脚においても,RCユニットを工場などで事前製作することにより、現場での工期を短縮できます。

技術の概要

適用箇所

RC橋脚の耐震補強において,河川など仮締切り工を必要とする箇所
RC橋脚の耐震補強において,現場での工期の制約を受ける箇所

特徴及び優位性

・耐震性能
RC巻き立て耐震補強や鋼板巻き立て耐震補強と同等の耐震性能を有します。

工性
RCユニットは気中で組立て、水中部に沈設させるため大規模な仮締切り工などが不要となります。

程面
大規模な仮締切り工が不要なため,仮設工の工程が大幅に短縮できます。また、RCユニットは事前に工場などで製作できるため、現場での工期を短縮でき、陸上部の橋脚においても急速施工が可能となります

・コストダウン
RCユニットは比較的簡易な設備で組立て可能なため、大規模な仮設工が不要となり、工事期間の短縮が図れ、全体工事費の縮減が可能です

施工実績

  • RC橋脚耐震補強 施工実績 6 基(JR東日本)(2016 年4 月現在)
  • 上越新幹線 第一信濃川橋りょう 4P
  • 上越新幹線 第二信濃川橋りょう 5~7P
  • 東北新幹線 利根川橋りょう 9P
  • 京葉線 都川橋りょう 2P